男性向け「出会い系アプリ」はこう選ぶ!厳選アプリと必勝攻略法【実体験】

男性向け「出会い系アプリ」はこう選ぶ!厳選アプリと交際までの必勝攻略法【実体験】

仕事に追われている社会人男性や、自分の周りに女性が全くいない…という悩みを抱える男性にとって、強い味方が「出会い系アプリ」だ。

Facebookと連携するアプリが次々登場し、女性ユーザーも増加している。

男性にとっては、

  • 電車での通勤時間
  • 家でのちょっとしたスキマ時間

で出会いを探せるため、非常におすすめできる出会い方といえる。

忙しい男性にスキマ時間で出会いを探せるアプリはオススメ

しかし、下記を見てみてほしい。

これは、現在日本で利用できる主な出会い系アプリ・婚活アプリをまとめてみたものだ。

日本で利用できる出会い系アプリ一覧
※2017年8月時点、日本で利用可能な出会い系アプリを調査。PC・ガラケーのみでしか使用できないものは除外。

ここに載っていないニッチなものも含めると、100を優に超えるだろう。

「どの出会いアプリを使えば、魅力的な女性に効率よく出会えるのか?」
「サクラや業者がいない真っ当な出会いアプリはどれなのか?」

というのが、筆者が初めて出会い系アプリを使ったときに直面した疑問だった。

あなたも、同じ考えを持ってはいないだろうか。

これだけのサービスを手当たり次第に使っていては、とてもじゃないが時間もお金も足りない。

しかし筆者が出会い系アプリを使い始めた5年ほど前は、アプリに関する情報や秘訣も世の中に不足していた。

そのため筆者には「とりあえずやってみること」しかなかったのだ。

出会い系アプリを多数試してきた経験

仕事にかなり追われていたこともあり、かなり忙しい生活だったが、理想の女性を見つけたい一心で、少しでも希望が見えるアプリは一通り使って女性にアプローチし続けた。

出会い系アプリを使って女性とデートした数は、おそらく200を超えるだろう。

大量のサクラや業者にも遭遇した経験から、彼らを避ける経験則も身に着けた。

その甲斐あって、外見・性格ともに理想的な女性と出会い、付き合うことができている。

筆者が見つけた理想の彼女
※掲載については本人の許可を得ている

目次

この記事を執筆した理由

出会い系アプリに関して書かれたコンテンツは数多くあるが、その多くには問題がある。

「男女での使い勝手の違い」を意識して書かれていないことだ。

出会い系アプリによって、男女比は当然異なる。

たとえば、男性比率が高いアプリは

  • 女性から見れば男性が多く、魅力的な男性が登録している可能性が高い
  • しかし、男性から見れば女性が少数で出会いにくい、競争率が高い

といった現象が起こりうるだろう。

にもかかわらず、一緒くたにして「このアプリがおすすめ!」と勧めているサイトも多い。

そのためこの記事では「出会いを探している男性に心からおすすめできる出会い系アプリ」を4つまで厳選した。

出会い系アプリを使って彼女を作るには「マッチングしてからが肝心」

もうひとつ、この記事を執筆した理由は「マッチングしてからの攻略法を解説したサイトがほぼない」ことだ。

出会い系アプリでは、人気のある女性には大量のアプローチが届く。

もしマッチングした場合でも、水面下では多くのライバルが虎視眈々とチャンスを狙っているのだ。

また女性にとっても、交際がスタートしていない状態で、あなた一本に絞ってくれる人はほぼいないといっていい。

出会い系アプリには男性のライバルが多数

出会い系アプリで理想の女性と出会うためには、質の良いサービスを選ぶことはもちろん「マッチングした後、デート・交際まで持っていく秘訣」も重要なのだ。

そこで今回の記事では、筆者の実体験から

  • デートに持っていくまでのやり取り・誘い方
  • サクラ・業者の見抜き方
  • 相手の女性に好感を抱かせ、付き合うまで発展させる秘訣

まで解説したい。

この記事を最後まで読んでもらえれば、あなたにぴったりの出会い系アプリを見つけることから、交際をスタートするまでのステップがぐっと楽になるはずだ。

こういった情報をお伝えするのは、ライバルを増やすことにつながるので、内心ではもったいないと思う気持ちがあった。

しかし、前述の女性とは結婚を前提に付き合っているため、あなたにも幸せを掴んでもらいたいと思い執筆に至った。

いま、出会い系アプリを使うべき理由

出会い系アプリを使うべき理由
効率的な出会いのあり方は、時代と共に変わっていくといって良い。

しかし2017年現在、あなたが出会い系アプリを利用しようと考えているなら、それはベストな選択だと思う。

その理由は主に2つある。

  • スキマ時間でできる
  • Facebook等SNSとの連携で利用する女性が増えている

スマホ普及に伴う、アプリ・SNSの拡大はめざましいものがある。

  • SNS利用者の増加
  • Facebookと連携することで個人情報が担保される安心感

個人情報が保証される可能性が高くなったことで、出会いアプリ・婚活アプリの信頼性は高まっている。

魅力的な女性も出会い系アプリを使うようになっている

その結果、これまで出会いアプリ・出会い系を使ってこなかった「特に出会いに困らない魅力的な女性」も多く利用するようになっている。

これらがガッチリかみ合った結果「出会いアプリ」は男性にとって、もっともオススメの出会い方だと筆者は考えている。

注意点:出会いアプリによって、どんな出会いに向いているかの傾向は異なる

上記で、出会いアプリがオススメの出会い方だとお伝えしたが、

  • 真剣な出会いを探しているのか
  • カジュアルな出会いを探しているのか

によっても、適したアプリは異なる。

先ほどお伝えした通り、今の日本には大量の出会い系アプリがあるため

  • 本当に出会えるアプリ
  • 自分の希望に合ったアプリ

を知って利用することが重要だ。

本題:男性に本当にオススメできる出会い系アプリは4つのみ

これは筆者の実体験による見解だが、現在、出会いを探している男性に無条件でオススメできるアプリは4つに絞られる。

それらを、出会いに求める希望別に分類したのがこちらだ。

タイプ別・ベストな出会い系アプリの選び方一覧

この図を見ていただければ、あなたがどのアプリを使うべきなのか、すぐに分かるだろう。

ここからは、厳選した4つのアプリの特徴・オススメする理由を解説していこう。

すべてこれまでに筆者が使ってみて

  • 多くの女性と出会えた
  • 経験上、魅力的な女性が多かった
  • サクラ・業者が特に少ないと考えている

これらを満たすものを選定している。

(1)pairs:20代女性・真剣な出会いを望むが女性が多かったアプリ

ペアーズのサービス画像

出会いアプリの中で筆者がもっともオススメするのは「pairs(ペアーズ)」だ。

登録者数570万人(2017年8月調査時点)

と日本で最大級の出会いアプリで、Facebook連携出会い・婚活アプリとして最初に認知を獲得したものだ。

オススメポイント:pairsは20代女性の比率が高い

2017年8月時点で、女性の登録者数を年齢別・地域別に調査してみたのがこちらだ。

pairsの年代別女性会員数 pairsのエリア別女性会員数

年齢に関して、21~30代の女性がもっとも多いことがわかるだろう

もちろん、アクティブユーザーでない女性も含まれることを考慮する必要がある。

しかし、筆者が実際使ってみて、15名以上の女性とデートまで持っていった経験から

  • 20代の女性が多い
  • 真剣に出会いを探している女性が多い

メリットがあると思っている。

pairsをオススメする男性

pairsをオススメする男性は以下のタイプだ。

  • 20代前後の若い女性と出会いたい
  • 真剣な出会い、結婚相手を探している

筆者がペアーズを使って理想の彼女を見つけた攻略法や詳しい口コミについて、下記の記事でもお話ししている。

興味がある方はこちらも読んでみてほしい。

男性必見!ペアーズ(Pairs)で理想の彼女を見つけた必勝攻略法【実体験】

2017.08.23

始める前に要確認!ペアーズ122人の口コミで判明した注意点【男性向け】

2017.08.24

pairsの基本情報

運営会社 株式会社エウレカ
ユーザー数 約570万人
マッチング数 4000万組
登録費用 無料
費用 男性月額3480円(定額)・女性は無料
対応OS iOS(iPhone)・Android・WEB

※2017年8月時点の公式HP発表・プレスリリースより調査

ペアーズ公式アプリはこちら

https://www.pairs.lv

(2)with:相手との共通点を探すことに特化したアプリ

withのサービス画像

「with」は、メンタリストDaigoが監修していることで有名なアプリだ。「趣味や感性から相性の良い相手をマッチングする」ことに強みを持っている

本記事でも恋愛の成功法則として説明しているが「お互いの共通点」を見つけることは、女性との距離を縮めるために有効な手段だ。

いくつかの共通点が見つかれば、トントン拍子にデートまで進むこともある。出会った段階で、恋人のような雰囲気になることもありえるのだ。

pairsや次のタップルといったサービスより遅れてリリースされたアプリではあるが、これまで筆者は10人近くとwithで出会ってデートしている。

withでは、メンタリストDaigoの監修のもと、

  • 男女間の共通点を見つけ出す
  • 共通の趣味からの出会いを探す

ことに力を入れている。

たとえば、withは女性からマッチングすると

  • 相手との共通点
  • どういう風に男性とコミュニケーションをとると良いか


というポイントを提案してくれる。(ちなみに男性側にはこの表示はない。)

このように、マッチング段階から共通点を見つけ出せることで、デートまでのステップに進みやすいというのが、忙しい男性にwithをオススメする理由だ。

また出会いアプリは女性に浸透したとはいえ、どうしても「男性がいいね!などのアプローチをする→女性が反応する」といった図式になりやすい。

女性からのやり取りのハードルを下げる・サポートをする機能があるのは男性にとってもメリットが大きい。

withをオススメする男性

withをオススメする男性は以下のタイプだ。

  • 20代前後の若い女性と出会いたい
  • カジュアルな出会いを探している
  • 女性と早くデートできるアプリを求めている

withの女性ユーザー層

筆者も実際に使ってみたが、withの女性ユーザー層は以下のとおり。

withの年代別女性会員数 withのエリア別女性会員数

まだまだ、pairsには及ばない規模だが、

  • 20代の女性
  • 真剣な出会いを探している女性

が多いと感じている。

これから女性ユーザーが増加していく中で、男性も同時に増えていくだろう。競争が激化する前に、恩恵を受けておいた方が良い。

withの基本情報

運営会社 株式会社イグニス/株式会社アイビー
ユーザー数 未公表
マッチング数 未公表
登録費用 無料
費用 男性月額2800円(定額)・女性は無料
対応OS iOS(iPhone)・Android・WEB

※2017年8月時点の公式HP発表・プレスリリースより調査

with公式アプリはこちら

https://with.is

(3)タップル:20代女性が多く、デートしやすい女性が多かったアプリ

タップル誕生

もっともオススメなアプリはpairsだが、筆者が実際一番多く会えたのは「タップル」の20名だ

タップルでは詳細の登録者数を調査することはできなかったが

  • pairsと同様に20代の女性が多い
  • 明るく、話しやすい女性が多い
  • 女性のノリが良く、デートにこぎつけやすい

という利点があった。

タップルをオススメする男性

タップルをオススメする男性は以下のタイプだ。

  • 20代前後の若い女性と出会いたい
  • カジュアルな出会いを探している
  • 女性と早くデートできるアプリを求めている

タップルの基本情報

運営会社 株式会社マッチングエージェント
ユーザー数 約250万人
マッチング数 5500万組
登録費用 無料
費用 男性月額3400円(定額)・女性は無料
対応OS iOS(iPhone)・Android・WEB

※2017年9月時点の公式HP発表・プレスリリースより調査

タップル公式アプリはこちら

https://tapple.me

※18歳以上の方限定のサービス

(4)マッチドットコム:女性も有料のため、真剣な出会いを望む女性が集まるアプリ

マッチドットコム
※マッチドットコムのみ、Facebook連動アプリではない

マッチドットコムは、アメリカ発祥のサービスで、日本含め25か国で展開している婚活アプリだ。全世界での会員数は1,500万人以上にもおよぶ。

オススメポイント:女性も有料のため、真剣な出会いの確率が高い

マッチドットコムの最大の特徴は「女性の利用も有料」だということだろう。

多くの婚活アプリ・出会いアプリでは女性の登録・利用は完全無料なことが多いが、マッチドットコムでは女性でも「月額3,980円」の費用がかかる。

この仕組みによって

  • 真面目に婚活をしたい女性が集まっている
  • 業者、サクラが入り込みにくい

というメリットがある。

マッチドットコムをオススメする男性

マッチドットコムをオススメする男性は以下のタイプだ。

  • 真剣な出会い、結婚相手を探している
  • 30代の結婚適齢期の女性と出会いたい
  • 海外の女性と出会いたい

マッチドットコムの注意点:日本向けに最適化されていない部分も

しかしマッチドットコムの利用には注意点もある。

上記お伝えしたように、マッチドットコムは海外発祥のサービスだ。登録の手順など、日本向けに最適化されていない部分もあるため注意が必要だ

たとえば下記は日本版のヘルプページだが、筆者自身が見ても、ほしい情報にたどり着くまでに多少苦労した。
マッチドットコムのヘルプ画面

実際、女性にメッセージを送る・マッチングする際にはあまり不都合はないが、料金の件など、問い合わせをする場合には注意してもらいたい。

マッチドットコムのより詳しいオススメポイントや注意点は、こちらの記事でもお話ししている。

出会いのない男性が「マッチドットコム」を使うべき2つの理由と必勝攻略法

2017.08.20

マッチドットコムの基本情報

運営会社 Match.com, L.L.C.
ユーザー数 187万人
マッチング数 未公表
登録費用 無料
費用 男女ともに月額~3980円(定額)
対応OS iOS(iPhone)・Android・WEB

※2017年8月時点の公式HP発表・プレスリリースより調査

マッチドットコム公式アプリはこちら

https://jp.match.com/cpx/ja-jp/IndexPage/

再度、筆者オススメの出会い系アプリの一覧をまとめておこう。

タイプ別・ベストな出会い系アプリの選び方一覧

ポイント制の無料アプリがオススメできない理由

ガラケー全盛期に隆盛を誇ったポイント制の無料アプリだが、今では正直オススメできない。

理由は3つある。

  • 登録は無料だが、メッセージ開封やプロフィール閲覧にはポイント消費するため実質有料
  • 大量の業者・サクラが存在している(個人的見解)
  • インターフェイスがガラケー由来のもので使いにくい

メッセージを交換するほどポイント(費用)がかかるためコスパが悪く、

  • やり取りを引き延ばしてポイントを消費させる
  • 別アプリに誘導して個人情報を取得する

といった業者の温床となりうる仕組みになっている。

出会いアプリのコア層は定額制・Facebookアプリに移行している

もちろん、Facebookと連携した出会い系アプリにも、サクラが全くいないかというとそんな事はない。

これまで利用した中で「明らかに業者」と判断できるケースも多くあった。

それでも、ポイント制の無料アプリよりも圧倒的に少ないというのが個人的感想だ。

ポイント制のメッセージは男性を「サクラのいいカモ」にする

またメッセージごとにポイントを消費する形式では、サクラのいいカモになる可能性が高まる。

男性にとって、やり取りごとにポイント=費用がかかる仕組みは正直痛い。

内心では早くメッセージを終わらせて、直接メッセージ交換に持ち込みたいため、焦りが生まれやすいのだ。

それが業者の「良かったら直接メッセしようよ!」という誘いに、渡りに船とばかりに乗ってしまう原因といっていい。

「多少怪しいな…」と思っても、甘い言葉についつい引っかかってしまう男性は少なくないはずだ。

以上の理由から、ポイント制の無料アプリは正直オススメしない。

時間の無駄と危険を回避!今日から使えるサクラ・業者の見抜き方

今日から使えるサクラ・業者の見抜き方
優良な出会い系アプリといえど、まったくサクラがいないというサービスは無いと思っている。

ここでは、筆者の経験上、サクラに共通する兆候・サクラを見抜くポイントをお伝えしておこう。

これで時間の無駄や個人情報を抜き取られるリスクを最大限に下げることができるだろう。

サクラ・業者の狙いは2つ

出会い系アプリに存在するサクラ・業者の狙いは大きく2つだ。

  • LINE IDやメールアドレスを直接取得する
  • 別サイトやアプリに登録させ、個人情報を抜き取る・架空請求をする

この2つに絞られると考えて良いだろう。

やっとデートできたと思ったら宗教や高額商品の勧誘だった、というケースも耳にするが、割合は上記2つがダントツに多いと思う。

サクラ・業者に共通する傾向を知ることが大切

これらの脅威を避けるため、サクラの共通点・見抜き方を覚えておいてほしい。

一覧表を以下にまとめたのでまず見てほしい。ちなみに別アプリ・サイトに誘導された場合は確定的なので、速やかに運営に通報することを勧める。

サクラが疑われる兆候 危険度
モデルのような美人の写真1枚のみ ★★★
Facebookの友達数が極端に少ない ★★★
早期に直接やり取りを打診してくる/1通目でLINE IDを聞いてくる ★★★★
プロフィールにLINE IDを載せている ★★★★★

サクラの特徴(1)モデルのような美人の写真1枚のみ

美人の写真1枚のみはサクラの危険あり

危険度:★★★

自分の好みど真ん中の女性を見つけた時はテンションが上がると思うが、ちょっと待ってほしい。

プロフィール画像が、それ1枚だけではないかをチェックするべきだ。

サクラや業者はどこかから拝借してきた「読者モデルや美人の画像」をプロフィールにしていることが多い。

昨今ではFacebookやインスタグラムのプロフィールで顔出ししている女性が多いため、業者にとっては有用な素材だらけだと言っても良い。

しかし、サクラ・業者にとっても「同一人物の写真を複数枚」探してくるのは結構な手間になる。

これらの理由から、プロフィールが美人すぎる画像1枚のみの場合はサクラの可能性があると考えている。

その一方、本物の女性ユーザーであっても、加工アプリを駆使したいわゆる「盛れた」プロフィール写真が非常に多い。

写真だけで見抜くことは困難になってきているが、写真にこだわる女性はサブのプロフィール画像も登録していることも多く、見分ける材料になるはずだ。

どうしても女性の画像がタイプで、サクラかどうか見極めたい場合は、以下もチェックしてみよう。

対策:Google画像検索をかけてみる

今はGoogleの画像検索も精度が高くなっており、サイズ違いや反転した画像でも検出できることが多い。

検索結果に読者モデルのブログなどが引っかかった場合、サクラの確率がかなり高いといっていいだろう。

(2)Facebookの友達数が極端に少ない

facebookのイメージ

危険度:★★★

Facebookと連携した出会い系アプリでは、Facebookの友達人数が

  • ○○人以上
  • ○○~○○人

といった表示で確認できるものがある。

女性のアカウントで友達数が10人前後と少ない場合、アプリ用に作成したアカウントの可能性がある。

(3)早期に直接やり取りを打診してくる/1通目でLINE IDを聞いてくる

LINEアプリのイメージ

危険度:★★★★

これはかなり分かりやすい事例だと思う。

まだ何度もメッセージをやり取りしないうちから「直接LINEでやり取りしない?」と言ってくる女性は要注意だ。

ひどいケースだと、1通目のメッセージでLINE IDを聞いてくることもあった。

もちろん、相手が「この人いいな…」と思えば向こうからLINEの打診をしてくることも多い。

筆者の場合も、相手からLINE交換を持ちかけてくることも多かった。

しかし

  • マッチングして当日中か、2・3日のうち
  • 向こうにそこまで好感を持たれる理由が分からない

こういった状態でLINE交換を持ちかけられたら、サクラの可能性が高いと覚えておこう。

(4)プロフィールにLINE IDを載せている

危険度:★★★★★

これもかなり危険度が高いので要注意だ。

男性からすれば、可愛い女性のプロフィールにLINE IDが載っていれば、これ幸いとメッセージを送ってしまうかもしれない。

しかし、それがサクラの狙いでもある。

またプロフィールにLINE IDを載せている女性が本物だとしても、正直そういった危機意識が欠けている女性は付き合えても苦労すると思う。

どちらにせよ避けた方が賢明だ。

サクラと判断した場合の対応:無視するのが一番

相手の女性がサクラだと思ったとき「サクラじゃないの?」と聞いてしまう男性もいると思うが、はっきり言って時間の無駄なのでやめた方が良い。

「サクラじゃないの?」と指摘したときに、おそらく相手が取る行動は2種類だろう。

  • 無視する
  • 反論、怒りのメッセージを返してくる

わざわざ怒りのメッセージを返してくる場合

女性
ひどいよ。何でそんなこというの?
女性
信じてくれないならもういい!
と言う主旨が多いと思われる。

まだ会ってもいない男性から、疑いをかけられた時にわざわざこう返してくるのは

  • 言わないと気が済まないほど腹を立てている
  • 残念ながら図星=サクラである

のどちらかだと考えて良いだろう。

後者だとしたら怒りを露わに返信することで「しまった。実在する女の子だったのか?」と男性に思い直させることが狙いの可能性がある。

「疑ってごめん!」という一言を待っている可能性があるのだ。

サクラと判断できた女性にわざわざ指摘・連絡するほど無駄な時間もない。

またサクラでなかった場合でも、そんな指摘をした時点でその女性と会える可能性はゼロに近い。

サクラと思ったら、放置して何もしないのが正解だろう。

マッチングしてからが本番!出会い系アプリ・8つの必勝攻略法

出会い系アプリの攻略法

冒頭でお話しした通り、マッチングしてもそれがゴールではない。

デートまでこぎつけ、交際をスタートすることが目指すべきゴールのはずだ。

そこで後半では、筆者の実体験をもとに「出会い系アプリでマッチングしてからの攻略法」をお伝えしよう。

簡単なことばかりだが、実際に試して大きな成果を挙げた行動ばかりだ。ぜひ参考にしてもらいたい。

(1)出会いアプリでは写真が命

出会いアプリ・婚活アプリでは「写真が命」

出会いアプリ・婚活アプリでは「写真が命」といってもいい。

たとえ魅力的な経歴やプロフィールを書いていたとしても、写真が気に入らなければ女性からの好反応は見込めない

男性のプロフィールを見ていると、風呂上りに部屋着で撮ったような写真も見かけるが、これではいけない。

写真はとにかく力を入れて準備しよう。

また、自分では「良い写真」と思っていても、意外に失敗しているケースもある。

筆者が複数の写真の撮り方で効果検証をしてみた結果、幅広い男性に有効だと思う方法をお伝えしよう。

おすすめの写真の撮り方:スマホで口元を隠す

もしあなたが自分の顔にそこまで自信がない場合、鏡などを使い、スマホで口元を隠す自撮りの方法がオススメだ

顔が整っているかどうかの印象は、全体の配置で決定される。

口元を隠すことで、無意識のうちに、整った顔に補正して認識される効果がある

歯科助手でマスクをしている女性の多くが美人に見えるのもこの原理によるものだ。

歯科助手でマスクをしている女性

鏡を使った自撮りは「ナルシスト」と言われることも多いが、筆者が出会いアプリで試してみた結果、決して反応は悪くなかった。

覇気のないボーッとした写真を使ってしまうより、ずっと有効だと考えている。

失敗しがちな写真の撮り方:ナチュラルすぎる写真

最近一気に増えてきたのが、集合写真や友人との写真をトリミングして使う男性だ。

これはおそらく、以下のどれかのような理由によると思う。

  • かっこつけすぎの写真はウケが悪い
  • ナチュラルな写真がウケが良いと考えている
  • その他に写真がなかった

最後はともかく、確かにキメすぎの写真よりは支持が得やすいこともあるだろう。

しかし中には、これらの写真は顔が判別できないことすらある。そうなると

  • 顔がよく分からない
  • 顔に自信がないのかな

と思って女性からスルーされてしまう。

女性の場合、男性から大量のアプローチやいいね!が集まることも少なくないため「迷ったら放置・NG」にされやすい。

顔もよくわからない男性にわざわざ返事する女性は少ないだろう。

要注意な写真:動物など、自分の顔が映っていない写真

動物やペットの写真

動物好きをアピールする目的なのか、動物やペットの写真をプロフィール画像にしている男性もいる。

これも非常に反応が悪い。

出会いアプリでは多くの場合、複数の画像を登録できるため、詳細プロフィールには自分の顔写真が入っていることも多い。

しかし詳細プロフィールに入ってまで、あなたの顔を見てくれる女性はまれだ。

初見の写真で女性の心を掴まなければ「いいね!」もされないし、タップもされない心構えでいよう。

その一方、動物やペットと共に、自分もちゃんと写った写真を入れることは目を引く効果もあるため有効だろう。
動物とセットに自分も写る場合は有効

要注意な写真:SNOWでの画像加工は絶対ダメ

SNOWでの画像加工

女性会員の間では、加工アプリ、特にSNOWが使われる割合が増えてきているように思う。

しかし、男性はSNOWを絶対使わない方がいい。SNSで好意的に拡散する場合でも

  • 男性タレントや読者モデルの画像
  • 自分の知人、身内の画像


だからネタになるのだ。

よく知らない男性がSNOWで動物の鼻をつけた画像を好ましいと思う女性は非常に少ないだろう。

筆者が知人の20代女性10数名に聞いてみたところ「気持ち悪い」という意見が残念ながら大半を占めた

(2)最初のメッセージでつまづかないこと

出会い系アプリでマッチングすると、相手とメッセージのやり取りが可能になる。

意外に多いのが、最初のメッセージで失敗してしまい、やり取りが続かないパターンだ

以下のようなケースが考えられる。

  • 長文をいきなり送って失敗するパターン
  • 「よろしく!」の往復で終わってしまうパターン

長文をいきなり送って失敗するパターン

男同士のやり取りだと短文でさくさくメールできるのに、狙っている女性に関しては、がっつき過ぎともとれる長文メールを送ってしまう男性は少なくない

最初のメッセージを自分から送る場合、相手の女性がどんなメールのやり取りを好むかどうかもわからない。

その段階で自分のことを長文で書くのはオススメしない。

女性とは「会話するように」メールをした方がうまくいく。

世の中には、

  • すぐに返信する男はマメでモテる
  • 返事をせずにじらす男の方がモテる

といった議論があるが、筆者個人としてはどちらもありえると思っている。

しかし、長文を送るのはどちらにしても失敗する確率が高い

目安としては「3行に到達したら長い」と思っている。

注意点として、女性の方が長文メール好きな場合もある。

そのときは、短文で返すとそっけないと思われかねない。ある程度反応を見てボリュームを合わせてあげると良いだろう。

よろしく!の往復で終わってしまうパターン

互いに探り合いのようになってしまい、やり取りが続かないパターンがこちらだ。

たとえば、自分からメッセージを送って、相手の女性から「よろしくお願いします!」とだけ返ってきたら、あなたはどう返すだろうか。

男性
今日は何してるの?
男性
自己紹介するね。自分は~

といった人が多いのではないだろうか。

経験上、これでは相手から返事が返ってこないこともある。マッチングしたとはいえ、

  • いきなり質問されることに抵抗を覚える
  • 自分も自己紹介をしなければならない面倒くささ

が先に立つからだ。

また、いつまで経っても堅さが抜けない原因にもなる。

そこで意外に有効なのが「つぶやきトーク」だ

Twitterの使い方のように、自分の感情を言葉にしてみよう。相手によって敬語にすること。

男性
今日めちゃくちゃ暑い!
男性
犬飼いたいなぁ~
男性
でかい猫がいる!怖い!

こんなことでかまわない。意外と

女性
今日暑いよね!プール行ってきたよ
女性
私のうち犬いるよ!※写真つき
女性
え?どんな猫なの(笑)

といって、やり取りが続くケースが経験上多い。

この内容を長文で送ってしまうとただの構ってほしがりになってしまうが、短文で送ることで相手の心理的ハードルを下げることができる。

デートから告白・付き合うまでの10の心得

出会いアプリの攻略ポイントをお話しした次は「デートの誘い方から、付き合うまでのアプローチの心得」をお伝えしたい。

これはすべての出会い方において役に立つはずだ。

(3)デートの誘い方:オススメの3つのテクニック

デートの誘い方も、一辺倒ではなく、相手やシチュエーションによって使い分けるのが有効だ。

ゴリゴリ誘うだけではうまくいかないことも多いものだ。

そこで筆者が実際に成果を出しているデートの誘い方3つをお伝えしよう。

メールでの誘い方(1)行ったことない場所を案内する体で誘う

行ったことない場所を案内する体で誘う

女性を誘い慣れていない男性は、メールのやり取りの中で

  • ●●行ってみたくない?
  • ●●面白そうだよね

と「誘うこと」を露骨に出したコミュニケーションをしてしまいがちだ。

しかし、はじめから誘おう誘おうという気持ちが前面に出ていると女性も乗ってきにくい

それに食いついたら「じゃあ行ってみよう!」と誘われる流れになることが目に見えているからだ。

よほどその男性に興味を持っていない限りさらっと流されてしまうこともある。

まず「画像」でひきつけることが有効になる

筆者としては、誘う意図は一旦抑え、まず

  • 女性の目を引く画像
  • 女性が好きそうな画像

で彼女の興味を引いてから誘う方法が有効だと思っている。

具体的には以下のような手順だ。

男性
これ見てみて!(ケーキの画像)
ケーキの画像
女性
おいしそう!どうしたのこれ?
男性
●●っていうお店で撮ってきたんだ
男性
知ってる?
女性
ううん、知らない
男性
おしゃれで美味しいんだけど、めちゃくちゃ分かりにくい場所にあるんだよね(笑)
分かりにくい場所にあるおしゃれなお店
男性
初めて行ったときに1時間迷った…
男性
今度案内するよ!

という流れだと、不思議と女性からOKがもらいやすい

この誘い方には「女性が存在を知らない店である」ことが必要だが、実際には分かりにくい場所のお店でなくてもいい。

  • 女性が行ったことのないお店
  • アクセスが分かりにくいので、案内してもらう

といった理由づけがあることで、誘いに乗るハードルが下がるのだ

こういったお店には、一度実際に行ってみるのがベストだが、グルメサイトなどの写真でもかまわない。

その場合は自分まで迷わないことと、思った雰囲気・味のお店じゃなかった…という点に注意してほしい。

メールでの誘い方(2)相手からの「誘って」合図を読んで誘う

反対に女性から「●●行きたいなぁ」と匂わせてくることがある。

経験上、出会いアプリでは女性から「●●行こうよ!」と明確に誘ってくれることは稀だ

また、女性からの「行きたい・行ってみたいサイン」は、男性からのそれよりも微妙なニュアンスであることが多い。

女性からのメールで「これはそうかな?」と思ったら、勇気を出して誘ってみることをオススメする。

しかし「何かしら場所の話題が出たらとりあえず誘う」では、ただのがっついた男性になりかねない。

参考として、以下のような表現をされることが多かったのでぜひ参考にしてほしい。

女性
友達が○○行ったみたいで、楽しそうだった!
女性
●●が新しくできたみたい
女性
○○の近く通ってきたよー

メールでの誘い方(3)女性ウケのよい友人を絡めて誘う方法

スポーツマン

もうひとつ、オススメの誘い方は「友達をアピールする作戦」だ。

話し始めて間もないとき、相手は「あなたがどんな人間か」測りかねていることが多い。

心理学に「ハロー効果」というものがある。

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。 光背効果、後光効果とも呼ぶ。 心理学の世界では、認知バイアスと呼ばれるものの1つである。 ハロー効果には、ポジティブ・ハロー効果とネガティブ・ハロー効果とがある。

※引用:グロービス経営大学院HP

オススメの誘い方は、このハロー効果を利用する。

たとえば、親が「あんな悪い友達と付き合うなんて!どうしちゃったの!」と怒るシーンをドラマなどで見たことはないだろうか。

まだ深く知らない関係では、どんな友人と付き合っているかがその人の印象を左右する。

それを利用して

  1. 女性に印象の良い男友達が多いことを強調する
  2. その友達も呼んで、飲み&ご飯に行こうと誘う
  3. 普通にふたりで会う

といった流れで誘ってみよう。

女の子が「ちょっと話してみたいかも」と感じる男性が僕のつながりにはたくさんいるよ、と印象づけるのがポイントだ

会話の例を挙げてみよう。

あなた
友達とご飯や飲みって行ったりする?
女性
うん、ときどきだけど
あなた
そうか!あのさ、俺の友達って、学生時代の繋がりでテニス(これはなんでも)やってる奴が多いんだよ。
あなた
スポーツやっている人って爽やかなイメージない?
女性
うん、ある。
あなた
あんまり悪いイメージないでしょ(笑)
女性
そうだね(笑)
あなた
それじゃあ、今度、皆誘ってご飯いこうよ。そいつらも呼ぶからさ。

そして後日、LINEなどで具体的な約束を取り付ける段階から友人の話は一切持ち出さない。

しれっとふたりで会うことにしても、案外うまくいくものだ。

(4)デートコースの心得:女性と同じ体験をする機会を取り入れよう

女性と同じ体験をする機会に敏感である

同じ体験をした男女は、一気に親密になり、結ばれる可能性が高まる

もしデート中に、以下のようなものを見つけたら、ぜひやってみよう。

もちろん、デートの計画に仕込むのが最善だ。

  • カップルで参加できる体験イベント
  • 遊園地などの怖いアトラクション
  • 花火
  • 近くでやっているお祭り

お祭りの屋台で同じものを買い、並んで食べる。そんな共通の体験がふたりの距離をぐっと縮めてくれる。

お店選びでも同様だ。

最初のデートでは、気取らないイタリアンなどを選ぶ方が無難だ。しかし、2度目のデートでは、個人的にお好み焼き屋やラーメン店などをおすすめしたい
 
鉄板を囲み、一緒にお好み焼き・もんじゃ焼きを焼くだけで、もう恋人同士に近い雰囲気になることができる。

(5)デートコースの心得:初デートでは女性の緊張をほぐすことを最優先

初デートでは緊張をほぐすことを最優先
初めてのデートでは「女性の緊張をほぐす」ことを優先しよう

男性側は、デートプランを考えるときも

  • あそこで手をつなげるかな
  • この店ならいい雰囲気になるかな

と、下心半分であれこれ空想する人も多いと思う。

しかし、それに対して女性のデート前は

  • どんな人だろう
  • 趣味が合う人だといいな
  • 優しい人かな?


…という風に男性、つまりあなたの人となりに気を巡らせるものだ。

初めてのデートではリラックスできる場所に

よほどタイプでない限り「いきなり人気の少ない場所でいい雰囲気になったらいいな」とは思ってくれない

そのため、初デート、特にその日最初に行く場所では

  • カップルがある程度いる場所
  • 人通りの多い場所

など、女性が安心して話せる場所を選ぶようにしよう。

雰囲気のいい場所・静かな場所とは、まだあなたのことをよく知らない女性にとって「知らず知らず警戒心を持ってしまう場所」といってもいい。

焦って、いきなり雰囲気の良い場所に連れ出そうとしないことが肝心だ。

(6)デートでの会話術:4つの心得

デートでの会話のコツ

「デートではどんな話をすればいいのか?」と不安な男性も多いだろう。

以下の心得を知っておくことで、デートの会話を有利に展開できると考えている。

その1. 女性を質問攻めにしない

デートで、以下のような質問をどんどん女性にぶつける男性がいる。

  • 生まれはどこ?
  • 学校はどこ?
  • 家族構成は?
  • ペットは飼っている?
  • 趣味はなに?
  • サークルに入ってる?
  • どんな仕事している?

正直、関係を進めるために、相手の情報を把握するのはとても重要だ。

後述する「共通点を20個見つけ出す」ことにも繋がる。

しかし、自然な会話の流れなく、ただ相手の情報を得ようと質問攻めにするのは女性が退屈し、呆れてしまう。

その2. 共通点が5つ見つかると「親密感」を感じる

共通点が多いほど親密になりやすい
男性が質問攻めにするのは、無意識に共通点を見つけようとしているからだ。

しかし質問攻めにして、共通点が見つかったときに「あっ!俺も!」というのは正直わざとらしい。

まずは自分のことを話して、相手の情報を引き出すようにしよう。

経験上、「共通点が5つ見つかる」と、相手との距離がぐっと縮まることが多い

その3. 共通点はネガティブであるほどいい

ネガティブな共通点ほど喜ばれる
もっとも女性に喜ばれ、距離が縮まる共通点は「短所」「ネガティブ」なことだ。

少し間の抜けた・可愛さのある表現なら最高に良い。

  • おっちょこちょい
  • 方向音痴
  • 乗り物が苦手
  • 高いところが苦手

たとえば、以下のような会話になる。

あなた
僕ってかなりおっちょこちょいなんだ。会社でもたまーにやらかして、上司に怒られるよ。
女性
ホント?私もヘマばかりやっちゃうの。

という風になると、一気に親密感が増す。

「私も、多少ヘマしても大丈夫だろう」という安心感を持ってくれるからだ。

知り合ったばかりの時こそ、カッコつけないで、少し抜けたところを見せるくらいがちょうど良い。

ただし、短所・ネガティブといっても、

  • 怒りっぽい
  • 短気
  • 嫉妬深い
  • 嫌いな人が同じ

のようなネガティブな共通点は避けるべきだ。

女性からも敬遠されるし、男側から見ても、こういった性質を持つことが分かっている女性とは付き合わない方が賢明だ。

「嫌いな人が同じ」というのは心理学的にみても、親密度が上がる結果が出ている。しかし、特に初めてのデートでこういった話題で盛り上がるのはおすすめしない。

その4. 自然な共通点が20個見つかれば「惚れさせる一歩手前」

上述したとおり、共通点が5個見つかれば、かなり親密度は上がる。

個人的な手ごたえとして、「自然な共通点」が20個見つかれば、付き合える可能性は高いといっていい。

ここで、筆者の体験から「親密度が上がった」と感じる共通点をリストアップして、採点してみた。

あなたの共通点探しの参考になれば幸いだ。

共通点の事例と有効性評価

共通点 有効性
趣味が同じ ★★★★★
好きな映画が同じ ★★★★★
好きな映画ジャンルが同じ ★★★★★
好きなお笑い芸人が同じ ★★★★★
飼っている動物が同じ ★★★★★
好きなお店が同じ ★★★★★
子ども好き(嫌い) ★★★★★
特技が同じ ★★★★★
車好き ★★★★★
自然が好き ★★★★★
方向音痴 ★★★★★
おっちょこちょい ★★★★★
乗り物酔いしやすい ★★★★★
高いところが苦手 ★★★★★
暗いところが苦手 ★★★★★
ホラー映画怪談が苦手 ★★★★★
出身中学高校が同じ ★★★★
好きなテレビ番組が同じ ★★★★
好きなラジオが同じ ★★★★
好きな料理が同じ ★★★★
好きなスポーツが同じ ★★★★
インドア派 ★★★★
アウトドア派 ★★★★
生まれた地域が同じ ★★★★
大学が同じ ★★★★
好きな動物が同じ ★★★★
家族構成が同じ ★★★★
過去の習い事が同じ ★★★★
過去の部活が同じ ★★★★
好きな季節が同じ ★★★★
職種が同じ ★★★★
同じ土地に旅行に行った ★★★★
サークルが同じ ★★★
好きな色が同じ ★★★
好きなファッション系統が同じ ★★★
通学通勤経路が同じ ★★★
同性しかいない学校にいた(女子校男子校) ★★★
寒がり ★★
暑がり ★★
自炊派 ★★★
外食派 ★★★
夜型朝型 ★★★
会社の立地が近い ★★★
母親父親の世代、年齢が同じ ★★

(7)ほめ方のポイントを知る

女性はほめられると喜ぶというのは周知のことだろう。しかし、なんでもかんでもほめれば良いわけではない。

女性をほめても、反応が薄かったり、逆にネガティブな態度をとられた経験はないだろうか。

あなたが、

  • キレイだね(ですね)
  • 可愛いね
  • 美しい


くらいしか女性をほめる言葉を持っていない場合、出会いをみすみす逃しているかもしれない。。

ポイントは2つだ。

  • 美人・可愛い女性には顔をほめない
  • 相手のセンス、努力が現れる部分を褒める

相手のセンス、努力が現れる部分をほめると良い理由には「自我関与」という心理学的効果が影響している。

女性は自分の関心が高いところをほめられると喜ぶが、関心がない部分・自信のない部分をほめられると逆効果になるということだ。

たとえば、女性がヘアサロンで髪を切ったばかりの時は、自分のヘアスタイルに関心が集中している。

そのときに「服がおしゃれだよね」と言われても、彼女はおもしろくないはずだ。

女性をほめるときは

  • 女性がどこに自信を持っているか
  • 女性が自分の中で関心を持っているのはどこか

を意識すると、モテる男のほめ方にぐっと近づくだろう。

また外見が魅力的で「美人」「可愛い」と言われ続けている女性は、その言葉に飽き飽きしてくるものだ。

美人には「変わってるね!」といった方が、経験上ずっと効果的だった

ほめられ慣れていない部分で、かつ自分がひそかに自信を持っている部分をほめられると男女問わず嬉しいものだ。

(8)最後の一押しでは思いきってトーンを変えてみる

ふたりの距離が縮まってきた、と感じたら一気に勝負をかけよう。

周りを見る限り、最近は、告白の言葉がないまま付き合うことも多いが、やはり言葉にすると女性は安心する。

オススメは「ある瞬間から一気にトーンを変える」こと。

  • にぎやかな雰囲気から急に静かに
  • ニコニコ話していた男性が真面目に目を見て話す

デート中に雰囲気を変えるのは有効
という変化があると、女性は「あれ?どうしたのかな?」と思い、あなたの話を聞こうとするだろう。

ここまでのポイントを実践し、ふたりの距離が縮まっていれば、告白の成功もむずかしくないはずだ。

変えるきっかけとして、にぎやかなお店→しっとりとした静かなお店に変えるのも良いだろう。

これは、デートにメリハリをつけたり、相手の気持ちを揺さぶる効果もある。

さいごに

非常に長文になってしまったが、ここまで紹介したポイントを押さえてもらうことで、あなたにピッタリな出会い系アプリを使って魅力的な女性と付き合うことも難しくないはずだ。

ぜひ「これならできるかも!」と思ったポイントでかまわないので、実行してみて欲しい

この記事が、あなたが理想の女性と出会い、幸せになるための手助けになれば幸いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です